HAKATA KINJISHI TAIKO OFFCIAL WEB SITE
       TEL092-409-4882                  

プロフィール

プロフィール

Biography

(抜粋)
1993年   アメリカニューヨーク州 ユニバーシアードバッファロー大会出演
      福岡市で開催の「アジア太平洋映画祭」にてオープニング曲を担当
1994年   第3回アジア太平洋オペレーションズリサーチ国際会議セレモニー出演
      アジア太平洋サミット出演  アジアフォーカス映画祭出演
1995年   APECアジア太平洋経済協力会議  ユニバーシアード福岡大会

     大阪フラワーフェスティバル 
1996年   博多金獅子太鼓コンサート横浜国際展示場にて、第一保育短期大学に技術指導 
     キャナルシティ博多オープニングセレモニー
1997年   博多金獅子太鼓&岩崎大輔コンサート

    博多金獅子太鼓JAZZバトル福岡電気ホールの陣
1999年  福岡市姉 妹都市10周年記念コンサート 釜山公演
2000年   九州・沖縄サミット蔵相会議セレモニー  博多座こけら落とし「祝祭」に出演

    大とりをつとめる
2001年    ブルーノートを始めとし、ライブハウスなどで和太鼓ライブを展開 
      福岡市 、釜山広域市、共同観光誘致事業 ソウル・釜山にてコンサート
       福岡市主催  中世の博多展 セレモニーコンサート
2002年    福岡市 、釜山広域市、共同観光誘致事業 上海にてコンサート
      福岡ブルーノートにてコンサート                    ビクターよりCDアルバム「KABUKIMONO」をリリース
      吉田兄弟全国ツアーに参加 (CD “Soulful”にも参加)
2003年  鹿児島県大口市を皮切りに、札幌・福岡・熊本など全国各地で        水面の月~筑紫寿楽コンサートを展開
      遠賀郡岡垣町サンリーアイにて、World of Percussion 出演
      国際交流基金主催中南米ツアー8カ国15公演

2004年  岸谷五朗氏・寺脇康文氏が率いる企画ユニット地球ゴージャス        『クラウディア』和太鼓部門音楽指導にて参加
      筑紫寿楽コンサート2004~泥中の蓮~を各地で展開

2005年   地下鉄七熊線開通記念式典出演                     


追加公演『クラウディア』和太鼓音楽指導にて参加
    3rdアルバム『獅子咆哮』制作  筑紫寿楽コンサート2005~獅子の咆哮~開催
2006年   東京スイートベージルにてコンサートを行う                                             筑紫寿楽コンサート『花鳥風月』を展開

2007年  トヨタ自動車表彰式 武田双雲氏とコラボ

            STB139筑紫寿楽ライブ『獅子咆哮』開催
    キャナルシティライブ『リズムインザワールド』にて元ストライプスの

   TAPダンサーSUJIと共演
    ジャズライブニューコンボ 九州国立博物館 ミュージアムコンサート
    筑紫寿楽コンサート アクロス福岡『LOTUS』開催 
    打楽器ライブ『和』東急オーチャードホール出演
    キャナルシティライブ 博多独楽&金獅子太鼓コラボライブ   

            アジア環太平洋国際会議
2008年 大阪タコタンフェスタ国内招待作品『ORIJIN~源~』を発表
     ZEPP福岡『HAKATA DANCE STREET』

ビーバップクルーSO氏と共に開催
アメリカワシントンDC主催『JAPANカルチャー+ハイパーカルチャー』
日本代表出演
2009年  岸谷五朗氏、寺脇康文氏率いる企画ユニット地球ゴージャス
     『星の大地に降る涙』に出演
2010年  「ZEND」をカメラマン、ヘアースタイリストの池田永一氏と展開

     JACSON VIBEのグローバ
     TAPダンサー SUJI 等と異種混同音楽パフォーマンスを展開
2013年  威撥相伝 金獅子太鼓ライブを展開

2015年 博多金獅子太鼓 LOTUS 作品海外公演 7ヶ所
2016年 博多金獅子太鼓 LOTUS 作品オセアニアツアー


奏者 演者


 
三代目筑紫珠楽syuraku chikushi(改名前寿楽)
 
1975年生まれ 博多独楽宗家に生まれ、博多独楽と共に太鼓を学び、
二代目寿楽を継承。
継承と共に金獅子太鼓の作曲、演出も担当。活動として、国内を含めたアメリカ、
カナダ、韓国、中国、中南米、ヨーロッパなど14カ国で公演をしている。
アメリカ準国家機関ジョンFケネディーセンター、ルベンダリオ(コロンビア国立劇場)
等の各国主催特別招待公演も数多く出演し高い評価を受けている。
コラボレーションも多く 他ジャンルとの共演も
含め、吉田兄弟、氷川きよし、山本リンダ等の作品にも参加するなど、
他アーティストとの共演も多い。また多くのアーティストに作曲提供をしている。
 近年では岸谷五朗氏、寺脇康文氏率いる「地球ゴージャス」にも出演している。
圧倒的なパフォーマンスと柔軟性のある音楽性は定評も高い。
また非常勤講師として大学や高校、中学校にも出向き講演等もしている。
 
挨拶
太鼓に出会って30年が過ぎました 太鼓の音は花火のように華やかでお母さん
の胎教のように優しく感じます。太鼓はパフォーマンスが目立ちますが、音楽です。
余計なアクションを削ぎ落とし太鼓の音やまた日本人らしい演出に拘っています。
海外に持って行った時に日本人はカッコイイと言われる様にしたいです。
太鼓の響きはメローディーのある音楽とまた少し違った時間経過を見せます
メローディーだけで1分の音楽を作る、また聞くのと太鼓の1分は速度が全く違います
太鼓の1分はえっ?もう経過した?と言う位早く過ぎてしまいます
是非空間や時間をコントロールしてしまう太鼓音楽の世界を楽しんで頂ければと思います
 
三代目珠楽
 
 

 

筑紫祥楽 Syouraku  chikushi
 
1981年生まれ 博多独楽宗家に生まれ。86年に正式に入門。
兄珠楽を師事、古典他 音楽を学ぶ。活動は兄、珠楽と共に海外公演等も精力的にまわり 女性らしさを損なわない優雅さと圧倒的な力強さを舞台で表現し彼女単体のファンも多い。また各地の太鼓チームの指導、作曲も手掛ける。
 現在は自身のユニット~珠獅子~aka jishiを立ち上げ お弟子チーム「珠寿」の代表も務めている。珍しい兄妹DUOとして今後が楽しみにされている。
 
挨拶
いろんなエンターティメントや楽器があるなかで太鼓に出逢い太鼓に出逢うことで
色んな景色を見ることができ、また人に出会いました。
楽器の中でも叩く響くという音楽の基礎のようなものでどこまでメロディアスになり舞台芸術になっていくか!またできるか!
楽しんでいます。兄とまた違う世界を探しに見に行きたいと思っています
 
祥楽
 

獅子舞
イベントでも人気の獅子舞

寿獅子

博多で古くから演じられてきた獅子舞

夫婦獅子が織りなす演舞。厄除けになると言われています

 

門付けの獅子舞

イベント会場等を練り歩きお客様を噛んで行きます。
噛まれると悪いものを持って行ってくれるといわれがあります


 
 

Popular Lion Dance in the event

獅子舞方 金獅子 筑紫晃楽(Kouraku Chikushi)
獅子舞方 朱獅子 坂口みほろ(Mihiro Sakaguchi)


古来より獅子舞は神の使いとして演じられてきました。
魔を祓い邪気を取り払うとされ、昔はお正月などは門付けと称し家々を回っていました。
博多は古来より中国との国交が多く日本で初頭に入ってきたとされ神社等にも古い獅子が建立されています。
博多金獅子太鼓の獅子舞は名前の由来になるほど獅子舞を古来の形で受け継ぎ
継承されています。各種イベント等でも人気です。
ステージでは客席に降りお客様の肩を噛んで邪気や厄を払います。
金獅子の獅子は年に一度お寺、神社で厄払いを受けまた獅子舞も製作され100年を超えています